« すべて見せます | トップページ | こんな時も… »

2011年1月29日 (土)

すっぱい軟水を作ってみよう

今日は朝一にペットエコというショップに出かけましたが、ときめくお魚さんに出会えずヤマト10匹購入して帰ってきました。

トイレ水槽のお魚さん、まだ決まらない…



そういえばCO2の出力が悪いので、せっせと寒天培地を作る。


Img_4543

この作業いつまで続くのだろう…





さて今日のネタですが、以前お友達のりのさんからすっぱい軟水の作り方をというご意見を頂きました。遅くなってすみません。






イオン交換樹脂を使う。はいオシマイ


…では芸がありませんね。ぶっちゃけそれだけなんですが、ちょうどイオン交換樹脂の軟水処理能力が落ちたので再生過程をご披露することにします。

よく食塩水で再生できるとあります。その通りです。が、それでは軟水はできてもすっぱくないのです。


Sikumi_05


これは食塩水で処理した時のものです。NaClの代わりにHClつまり塩酸を使うことによって酸性の軟水ができます。Na+とH+が上の図から入れ代わるだけですね。



難しいことはこれくらいにして(そんな難しくないが)、うちのイオン交換樹脂再生過程をご紹介します。


Img_4546

おっと、いきなり自作の軟水器です。

ペットボトルの底には無数の穴が空いていて、綿で樹脂が流れないようにしてあるだけです。


まず、樹脂を取り出すのですが、たらこみたいに細かい粒なのでパンストに入れます。



パンストに樹脂を入れる前に必ず儀式を行ってください。















Img_4545














もう一つオマケ




Img_4556



髪の毛上がってきたなぁ…



はい、笑った(失笑した)人は必ずポチして帰るように!
私だってランキングあがるように体張ってんだからね!(笑)







さて冗談はさておき



Img_4547

能力の落ちた軟水器を通した水
ペーハーはほぼ中性


Img_4548

総硬度は3~7、残留塩素濃度1mg/L以下




Img_4550

パンストに樹脂を入れた状態。う~ん、何だかウ○チもよおしたくなってきた…。






Img_4549

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

塩酸は20倍に薄めます。



Img_4554

精製水を張ってから塩酸を入れます。逆に塩酸から精製水を入れると爆発するそうですので絶対に精製水が先です。容器はガラスがいいと思います。


一応言っておきますが、これを見て真似される場合は私一切責任を負いません、自ら責任を持って対処をお願いいたします。


Img_4555

こんな状態で30分程度浸けておきます。



Img_4557

イオン交換というくらいだから浸した水は硬度が高いはず。
案の定、試験紙MAXです。


再度、ペットボトルに樹脂を入れて完成です。




Img_4558

再生した水を測ってみると、酸っぱすぎ!!!(笑)
もう少し、水を流さないとダメかな?

Img_4559

総硬度は3未満、塩素も1以下。


経験上、ペーハーは4~5に安定してきます。
それでも酸っぱすぎという方は水道水で薄める?か、半分塩酸処理、半分食塩水処理で行うというのもアリかと思います。


ソイルを使っている場合はそれほど意味はありませんが、長期にわたってソイルを使う方、もしくはソイルを使わない方にとっては有効かもしれませんね。

イオン交換樹脂はもちろんアクアショップにもありますし、私は軟水器の詰め替えパックを購入しました。この場合のほとんどは食塩水処理してますので、能力が切れるまで水を通さないといけない欠点があります。



りのさん、こんな感じでよろしいでしょうか?





あと、もう一つ軟水と関係ない話ですが、最近調子が上向いている90スリム水槽でのフィランサス・フルイタンスがものすごい勢いで爆植してるのですが、それと根がすごいんです。

画像は30キューブのものと比較してます。




Img_4560

左が30キューブのフィランサス、右が90スリム
上から見た感じ


Img_4561

根っこ、色も赤ければ根張りもすごい!



Img_4562

こんなんです。


まぁ明るさも違うし、一概に比較はできませんが、90スリムかなり富栄養だったのかな?

では、先ほど笑った方は押して帰るようにお願いします。(笑)


↓↓↓↓↓↓↓↓ 押すと元気が出ます。(私がw)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

|

« すべて見せます | トップページ | こんな時も… »

コメント

何だかすごいことをしてますね。

100%文系人間で化学や科学に全く弱い私はイオン交換って言うだけで逃げ出してしまいそうです(苦笑)。

ただゼオライト(ゼオパック)を使って軟水化させようとしたことはあるのですが、GHは水道水の3.5ぐらいから1まで下がったものの、何故か導電率が上がってしまうのが気になって使うのをやめたことがあります。

私の頭だと下がるとしか思えないんですが、何かご存知ですか?

投稿: KamakuraAQUA | 2011年1月29日 (土) 18時56分

初めましてこんにちは
こにおといいます(^_^)/~
パンスト画像でクスリときてしまったので押してから帰りますw

一個疑問に思ったんですが、酸っぱい軟水は何に使うんでしょう?気になります(*^^)v

投稿: こにお | 2011年1月29日 (土) 19時58分

どうもです~
塩酸35って金庫に入ってますよww
ふたあけたときに湯気が上がるとかw
塩酸でやると塩化水素が残って危険じゃないですか?干せば気体なんで飛びますが樹脂って乾かすとお亡くなりになりますよねw普通に塩化ナトリウムでいいかと。
量が半端いないですがゼオライトのほうがいいと思いますよ。あれのほうがランニングコストかかりませんし、一応樹脂と同じで復活できますwが手間を考えると買ったほうが安いですw

投稿: hositaro | 2011年1月29日 (土) 23時20分

水草の友、ヤマトを購入されたんですね^^

ところで、軟水の記事より、
パンストにドキッとしましたよ~www
スクロールしていって、出てくるタイミングもw

私はここしばらく、硬度あるほうが好きなので、
今は軟水にすることはなさそうですが、その時は真似させてもらいます^^

投稿: もじお | 2011年1月30日 (日) 08時50分

こんばんは。
リクエストにお答え頂きありがとうございました。
塩酸を使うのは私にはちょっとハードル高いです(゚ー゚;
ちなみに、この再生から次の再生まで何L位つくれるんですか?
パンスト写真には笑わせて頂きました(o^-^o)ポチ

投稿: りの | 2011年1月30日 (日) 22時06分

フィランサス フルイタンス始めの頃緑色だたので心配していましたが、無事ピンクなりましたか
よく見るとまだエロさ(ピンク)が足りませんね。

イオン交換樹脂以前は気にしていましたが、今は逆に硬度上げたい方です。

頭・・・違った体張ってるのでポチっとして帰ります。

30cmのお供黒じゃなく赤いけど いる?
レベルも低いですが・・・・

投稿: takuryopo | 2011年1月30日 (日) 23時32分

悪いけど、まず、長期ソイルの使用について申し上げますと、PHに関してはむしろ下がります。

これはプロでは常識です。

話は変わって本題の塩酸処理ですが、別に手っ取り早いので使用に問題はありません。

ただ、使用前の塩素濃度の検出には神経を使ってください。
中和に関しては、ハイポで十分です。量は各自計算して使ってください。

軟水化にいかなるマテリアルを使用しようが、伝導率は増えるか、殆ど変化は見られません。


まず、PHは何を計測するものか、GH・THは何を計るものか、考えてみてください。

塩を使う場合、ナトリウムの処理が問題になるぜ。

あれは水中に多量にあると育ちにくい水草が出てくるからね。


塩酸は素人には難しいですが、残るものがあんまり生物の育成に関係無いものが多いので扱える人はそっちの方が、便利かもしれないですね。


投稿: GARCIA | 2011年1月31日 (月) 01時36分

フィランサスってのが綺麗ですねー
今度見つけたら買ってみようっとw

もう化学実験って感じで楽しい記事ですねー
でも塩酸とか劇薬物が出た瞬間から怖いので
ビビりの僕では無理だなw

投稿: acidaqua | 2011年1月31日 (月) 09時08分

おぉぉ!コメントがいっぱい!何だか嬉しぃ

では、早速

KamakuraAQUAさん

私は理系なんですが、大学出て10数年習得したことは今では忘れてしまってます。

う~ん、なぜ導電率上がるのか?分かりませんが、ゼオライトのことはよく分からないのですが、再生できるってことはゼオライトもイオン交換樹脂と同じ仕組みで良いのかな?(どなたか知っている方いればフォローお願いします

上の食塩処理の図からナトリウムイオンが排出されるわけですが、仮にゼオライトも同じようにナトリウムイオンが排出しているのであれば導電率が上がるのかな?

TDSではなく導電率の方ですよね?
無関係ではないのですが、TDSと導電率別だと最近知ったもので…。

ふぁ~もっと勉強せねば…。
役立たずですんません。

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 11時10分

こにおさん

はじめまして!ちょくちょくブログ拝見させていただいてます。

よっしゃぁ~!笑ってくれましたね。
体張った甲斐がありました。

10数年ぶりにアクアを復活して、ソイルのことを知らずにセラミック系の底床で始めたわけなんです。
その昔は生体メインで水草は飾り程度。水草初心者から再始動したわけです。当然何も知らず気にいった水草を買ってそこそこ育つものとすぐ枯れてしまうものの違いはなんだろう?の疑問からのめり込んできました。
その中にトニナがあったんですが、軟水で低ペーハーの環境でないと生育が難しいとありました。そこでほとんどの水草が弱酸性を好むことを知り、ソイルを使う意味も知ったんですよねぇ~。(笑)

でも中には大磯などソイルを使わずにきれいに育てている方もいらして、軟水器を使っているのを知ったのがきっかけですね。

ソイルを使わないかつペーハー降下剤を使わないで弱酸性の水を作れないものかと始めました。
今ではソイルを使っているので完全に気休め程度で硬度が高かったりした時に使っている程度です。(笑)


投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 11時31分

hositaroさん

うちは子供がいるので鍵付き倉庫の奥に保管してます。
フタ明けた瞬間、嫌な揮発ものが舞い上がりますねぇww
目と呼吸器が怖いのでメガネ&換気扇強にしてます。

ゼオライトのことはよく分からないのですが、吸着能力(で良いのかな?)が低下すると、吸着したものを今度は逆に吐き出すとどこかで聞いたような…。
その時を見計らって交換ってことですね。(笑)

まぁ塩の方が安全ですが、水素イオン濃度をあげるのが当時の目的だったので危険な方を選びました。

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 11時45分

もじおさん

ショップ楽しいんですが、悩んじゃって悩んじゃって。
終いには子供が飽きて帰ろう攻撃(正確に言えば帰りにアイスを買ってあげると言ったのでコンビに行こう攻撃

抹殺した黒髭の残骸をなかなか食べてくれないので、ヤマトを増やしました。実は水槽に投入して気付いたんですが、1匹(たぶん)アルジーライムシュリンプが…。レッドチェリーと交雑しないか心配です。昨日取り出そうと試みたんですが、逃げられた

パンスト、一度はみんなかぶるよねぇ~

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 11時55分

りのさん

劇物なんであまりお勧めは出来ないですよねぇ~(笑)
ただ、コスト的にはそれほどでもないんですよ。樹脂は確か1リットル分だったかな?それで1500円くらい、塩酸300円台くらいでした(安いけど、購入するのに少々面倒、根掘り葉掘り聞かれます)。塩酸も20倍の希釈ですし、樹脂は乾燥させなければ長いこと再生できますし。

ソイルを使っていればそれほど意味を成しませんが…

樹脂(1リットル分)は正確には測ったことありませんが、大まかに週1回水道水20リットルを通して、半年以上もってます。ので20リットル×25~30で500リットル~600リットルってところでしょうか?あとは水道水の硬度によりけりで硬度が高いところであればもう少し少ないでしょうし、逆に硬度が低ければもっと多いでしょう。

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 12時07分

takuryopoさん

フィランサス、少しずつ赤味を帯びてきましたよぉ~
takuryopoさん家までまだエロさ(ピンク)はありませんが…
なんでそんなエロいんですか?もといピンク色になるんでしょうか?鉄分多めとか?

えっ?えっ?えっ? 黒でなく赤いのって? ………エビちゃんのこと?だって彼女人妻だよ?(失礼しました
一昨日ショップに行った時に値段下がらないなぁなんて思ってたところです。ビーシュリンプの価値など分からない者に…いいんですか?(←基本図々しいのでw)

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 12時25分

Garciaさん

し、知らなかったぁ~!古いソイルの方がむしろ下がるんですか。常識なんですねφ(・ω・ )メモメモ。今知って良かったぁ~。ありがとうございます。


そっか!廃液はハイポでも中和できますね。
水酸化ナトリウムで中和してました。(会社で使ってるので少々拝借)
水道水から通した水の塩素中和はハイポ使ってます。^^
塩素も吸着してくれれば助かるのですが…。試験紙なのであまり正確ではないのですが、ここの水道水は塩素濃度低いのかな?と思うほどです。ここらの水系の水質データを探してみようっと。

pH、GH、KH、TDSなどなど分かってるようで、意外と本質っつうのか肝の部分が分かってないなぁ。むむむ、まだまだ勉強不足だなぁ… でも何だか楽しくなってきました。

結構当たって砕けろっていうのか、やってみて良いのか悪いのかを感じたいタイプなので、Garciaさんのようにズバッて言ってくれると助かります。もちろん先に情報も入れてのことですが、情報ばかり吸収しても経験も大事かな?って考えてます。

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 12時50分

acidaquaさん

フィランサスお譲りできますよぉ~。takuryopoさん産です。状態によってはきれいなピンクになります。(うちはまだピンクにはなってませんが…ようやく赤味を帯びてきました
じゃんじゃん増えてるので、メール便で良ければ送ります。(言うまでもありませんが、無料です)
ブログ右側にカウンターの下にメアドがあるので、私に住所知られたくないなど無ければ…w
教えた瞬間、訪問します。(笑) 個人宅は行きませんよ、お店だったら行きますが…

投稿: コピン | 2011年1月31日 (月) 13時00分

コピンさん、いろいろ詳しくありがとうございました。

私ももうちょっと勉強してみます。

投稿: KamakuraAQUA | 2011年1月31日 (月) 17時31分

そういう経緯がありましたか・・・
私がアクアリウムを始めたころはすでに当然のようにソイルがあったので、酸処理とかPH降下とかになじみがなかったので疑問でした(^_^)/~
そのうち一度は大磯使ってレイアウトしてみたいもんです(*^^)v

相互リンク大歓迎です!リンクもらっていきますね♪

投稿: こにお | 2011年1月31日 (月) 22時45分

KamakuraAQUAさん

全く役立たずですみません
勉強することいっぱいでワクワクしてます。
お互い切磋琢磨しながら水草を育てましょう!^^

投稿: コピン | 2011年2月 1日 (火) 11時22分

こにおさん

いやぁ、10数年あいだ空けたらアクアの進歩がすごかったです。
水草の種類の多さもそうですが、ソイルと発酵式にはびっくりでした。
でも、金はかかるのは昔と変わりませんね。

投稿: コピン | 2011年2月 1日 (火) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっぱい軟水を作ってみよう:

« すべて見せます | トップページ | こんな時も… »