« 水景変更か?トリミングか? | トップページ | こんな水景はいかが? »

2011年8月 1日 (月)

心に焼き付けた

週末に被災地に行ってきました。今回はアクアネタは一切ありませんので、興味のない方はスルーしてください。



震災から4ヵ月半経ち、被災地の報道も減少しつつあるなか、この目で確かめてみたいという思いから地元の友達3人と行きました。

最初のイメージではがれき撤去や道路舗装、物資輸送などのトラックや週末ボランティアなどのバスなど現地の渋滞が激しいだろうと、仮に迷惑になるのならば近くまで行けなくても遠くから高台からでも見れればそれで良いということにしました。

29日24時に出発し、一路石巻へ。

途中松島へ寄ってみることにしました。報道では松島は被害が少ないとのことですが、報道の通り遊覧船やお土産屋は営業している雰囲気でした。朝7時半ごろだったので店は開いていなかったです。


8時過ぎに石巻に到着。市街地を通り、海からおよそ5~600mくらいですが、所々1階部分が何もない建物も見受けられましたが、スタンドやコンビニ、大型店舗は通常営業していて、復興をうかがわせるように感じました。

車両等も少なかったのでもう少し海の方へ足を運ぶことにしました。

石巻の海沿いは大部分が工場地帯でした。海に近付けば近付くほどひどく被災している建物が見受けられ、海沿いにはがれきの山が一面覆っていました。また、車も山積みで被害の大きさを物語っていました。


石巻の画像をここに掲載します。




時間に少し余裕があったので、南三陸町に行ってみることにしました。

海沿いからはいけなかったので、内陸からぐるっと回る格好で、1時間ほどかけて山間から南三陸町に出ました。町に到着する1~2kmほど手前だったでしょうか、杉林の一部が真っ赤になってました。最初は何だか分からなかったのですが、どうやら塩害で枯れてしまったとのこと。
つまりその杉があるということは海が近いということ。

南三陸町は小さな町でしたが、石巻とは違って全て流された町という印象でした。
鉄筋の建物を見ると、3階~4階まで水が入ってきたことが分かります。

ここでは週末ボランティアの方々が何人か見られ、がれきの除去などを行ってました。


南三陸町の画像をここに掲載します。






ここまで来たら気仙沼も近いので行くことに。

ここは石巻、南三陸町に比べ、ほとんど手がつけられていない印象を受けました。
到着早々、海水の腐敗した匂いが充満し、建物の跡地には未だ水が抜けていないような状況。もしかしたら雨による水たまりかもしれませんが。それでもそこから腐敗臭が漂う不衛生な状況で、ハエが多くいました。この日は曇りで気温も26℃前後と過ごしやすく、これが猛暑日であったらもっと匂いもハエもすごいことになっているだろうなぁ。

気仙沼線の線路は所々線路がなくなってたり、道路はあるはずの道がなくなってたり、アスファルト舗装していたであろう所も砂利道になってなりで、周りを見渡すと焼け野原のようにも見えました。

ここではボランティアの方は見られず、トラックや重機が石巻・南三陸町に比べて圧倒的に少なかった。


気仙沼の画像をここ①ここ②に掲載します。





時間も限られていたので、ここで帰宅することに。
帰りは東北道の一関インターからのることにしたのですが、平泉も近いということで世界遺産登録の祝賀ムードでいっぱいでした。
このギャップの違いにも驚かされ、悲しみの中での嬉しいニュースなのですが、復興とは程遠い姿を見て素直に喜べないのが正直なところでした。
ここに来るまでは復興への明るいニュースだと思っていましたが、現実をみると考えさせられる部分があります。


ここからは私の意見というか偏った考えかもしれませんが、全てを見たわけではないので見た範囲の中で。

正直4ヵ月半経ってもこの状況だとは思いませんでした。これが今の日本の力なのか?と疑問符が付いてしまう。

ボランティアの方たちの姿があまり見られなかったのはなぜだろう?避難所の方にたくさんいるのかな?
被災して仕事が無い方たちの中から県や国が雇ってがれき除去など云々って言う話は進んでないように感じます。
内閣官房補佐官でボランティア担当の国会議員は何してんだろう?元犯罪者だから私は気にいりませんがね。

議員のやつらは毎回定期的に足を運んで現実を見ているのかホントに疑問。

人を幸福にするも不幸にするも、政治が深く関わっているんだなと実感しました。(もちろん個人の考え方が根本にありますが…) 議員は絶対に安易に選んではいけないなぁ。
政治をもっと身近に、受け身ではなく、政治を監視するつもりでいないといけないんじゃないかなぁ。


と、怒りはまだまだ尽きないのですが、今回行って良かったと思っています。この現状を家族や友人に一人でも多く語って、この震災をまだまだ風化させまいと決意しました。また違った形でもいいから行きたいと思います。いや行きます!


文字ばかりずらずらと申し訳ありませんでした。

↓↓↓↓↓↓↓↓ 押すと元気が出ます。(私がw)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

※今回は個人的な意見や偏った考え方なので、話しが平行線になりそうなコメント・批判的なコメントは(書いていただいても構いませんが)、お答えしかねることもあるかもしれません。m(_ _)m
通りすがり的な場合も同様です。

|

« 水景変更か?トリミングか? | トップページ | こんな水景はいかが? »

コメント

これが今の被災地ですか。
テレビでは良いところばかり見せてるような気がしますね。気仙沼は壊滅状態だと聞きましたが、本当なんですね。。。
未だに考えるとぬ胸が締め付けられる思いです。
政治屋サン達は何も考えてませんよ。本当に被災地の事考えてる人は居るのかな?って感じ。
頼りない、動かない、考えない人たちが日本を支えてます。
本当に被災者の方々が可哀相ですし、もし自分たちに何か起こったときに、これじゃ不安ですね

投稿: たれじろう | 2011年8月 1日 (月) 21時57分

お疲れちゃんでした。気仙沼って、津波で市街地まで重油が流れ込み、市街地が火事になってたよね。テレビで見ていても信じられないような映像だった。
人生の戒めとして、オイラも見ておかなくてはと思ってはいるのだが・・・。
うちのしんのすけは、全国大会(何度でも言うが、エントリーすれば全員出れる)一回戦で秒殺されたらしい。
オイラが怖いのか、しんのすけから直接の報告はなし。スティファニー曰く、なんと20秒負けだったらしい・・
「はええ、バカっ」と、たか〇しティーチャーの声が聞こえたとか、聞こえないとか・・・・。

投稿: じゅうきゅうばん | 2011年8月 2日 (火) 00時09分

震災後5ヶ月‥‥
神戸の時はもっと瓦礫は片付いてたような‥‥
当時の村山首相が私にはどうすれば良いかわからないと全て丸投げ。結果的に振られた人間が責任をもって行動した為早かったですが、今の首相では任しもせず行動力もなく‥‥

あっコピン邸にはまだ送っていません。^^;
一応今週土日到着です。^^;

投稿: takuryopo | 2011年8月 2日 (火) 00時12分

たれじろうさん

手が入っている所となかなかそうでない所の差があるように感じました。
想像でものを言うのもなんですが、石巻は大企業の工場がとても多く、なおかつ高速道路が市内まである点では金銭面インフラ整備もあって早いのかな?という感じでした。
気仙沼は片側1車線の国道が通っている程度で、高速道路までかなりあるので、手が入りにくい原因なのかな?と感じました。

私はいつも思うのですが、今の政権って報道が取り上げてから動くの繰り返しで、報道されないようなことは手を付けていない気がしてならないのです。

ボランティア活動で避難所や仮設住宅でのコミュニティーを大事にするのは分かるのですが、そっちばかりにとらわれてハードの面が進んでない気がします。
週末ボランティアをしたい人はたくさんいるのに、旅行会社ツアー、地方行政が行っているツアーは少なすぎてすぐに定員。何だかなぁ…とため息ばかり。

すみません愚痴ばかりで…。

投稿: コピン | 2011年8月 2日 (火) 13時55分

じゅうきゅうばんさん

さすがに疲れたよ。行って帰ってちょうど24時間でした。気仙沼は震災直後ライブ映像で津波を見たので、どうしても行きたかったんだよね。
大げさかもしれないけど、オレらが今後の日本を背負っていかないと!と感じるよ。

しんのすけ秒殺…、体重軽いからブン投げられたとか?(笑)
彼もすばしっこいのにねぇ、上には上がいるもんだね。オレがそこんちの子だったとしても、親父には言えねぇなぁ~(笑)

投稿: コピン | 2011年8月 2日 (火) 14時05分

takuryopoさん

阪神淡路の震災と同様、首相が酷過ぎます。16年前の教訓が生かされてないように思えます。
脱官僚と何でもかんでも官僚を追い出すことするから、せっかく有能な官僚でさえも力を発揮することなく5カ月近くたってます。(悪い官僚は追い出していただきたいですが)

プチヴェール楽しみにしてます。深めのプランターが良いとありますね。チャチなのしかないので、今日か明日にでも買おう!

投稿: コピン | 2011年8月 2日 (火) 14時20分

こうした被災地の現状を見るとまだまだ復興とはほど遠い感じがしますね。
日常に忙殺され薄れていた震災当時の記憶が、再びよみがえりました。

投稿: ノリ | 2011年8月15日 (月) 00時53分

ノリさん

やはり映像と自分の目で見るのとでは大きな違いがありました。
もちろんショッキングではありましたが、この状況から希望を見出す被災された方の強さをホント実感できました。
機会があれば何度でも行きたいです。遠慮して行きたくても行かない方がいれば、行くように勧めますね。観光だって良いと思います。現地が少しでも経済が良くなれば。
もちろん、今いるところで経済が良くなるように、日本全体で被災地を支えることも大事だと思います。rock

投稿: コピン | 2011年8月16日 (火) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559484/52364622

この記事へのトラックバック一覧です: 心に焼き付けた:

« 水景変更か?トリミングか? | トップページ | こんな水景はいかが? »